介護・福祉の就職・転職・求人情報ガイド
介護や福祉に関するしごとに就職、転職を考えてる方のために、求人情報を提供します。
 

介護職員初任者研修とは

介護職員初任者研修とは、介護職をするために必要な資格です。

介護職は、高齢者や障害者の自宅または入所施設で、身体介護サービスや家事援助サービスを提供する仕事で、この仕事をするためには、介護職員初任者研修の資格を取得しなければなりません。

介護職員初任者研修を取得するためには、各都道府県や民間の介護職員初任者研修養成講座を受講し、130時間の研修を受ける必要があります。試験はありませんので、研修が修了すれば資格を取得できます。

介護職の仕事は、たいへんですが、とてもやりがいのある仕事ですから、興味のある方はぜひチャレンジしてみましょう。

介護職は人手不足なので、求人は豊富にあります。

まだ介護職員初任者研修の資格を持っていない方は、こちらで介護職員初任者研修資格を取得しましょう。


すでに介護職員初任者研修の資格をお持ちの方は、こちらの求人サイトで今すぐお仕事を見つけましょう。



看護師の就職・転職の専門サイト

看護師の転職・就職活動をサポートするサイトをご紹介します。

それは、「ワークステーション」です。

ワークステーションでは、都道府県別に求人情報を検索できるのはもちろんのこと、

病院、クリニックなどの就業先で検索したり、

常勤、非常勤(パート)などの雇用形態で検索したりできますので、

ご希望の条件をしぼって検索できるので、とても便利です。

さらに、注目のお仕事情報として、最新の求人情報がピックアップされていますので、

新しい求人情報をすぐにチェックできます。

また、セミナーや登録会も随時行われていますので、

看護師の就職・転職をお考えの方は、ぜひ利用してみると良いでしょう。

看護師のほかにも、保育士、保健師、薬剤師、介護職、医療事務などの求人情報もあります。

もちろん登録は無料です。

口コミで大人気!看護師転職サイト








介護のプロをめざすなら「介護福祉士」の資格を取りましょう。

介護福祉士は、介護サービスの提供責任者になることができる資格で、
介護のプロとして認められる国家資格ですから、とても価値があります。

介護福祉士を取得した後は、グループホームや老人ホームなどの介護施設や民間の介護サービス事業者で働くのが一般的です。

訪問介護事業所の場合は、サービス提供責任者として勤務することができますし、
さらに経験を積むと管理職として働くことも可能な資格です。

また、将来的にケアマネージャーを目指している方は
介護のプロのとしての介護福祉士の資格を取得しておくとよいでしょう。

介護福祉士の資格をとるならケア資格ナビで!



その他の介護・福祉の資格の資料請求はこちら





↓介護・福祉関係のお仕事をお探しの方はこちら↓














タグ:介護福祉士
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。